[和上ホールディングス]自家消費型太陽光専門店

0120-054-405

サービス

なぜ今、太陽光発電なのか

近年、世界で注目を浴びている「脱炭素社会」。 世界的な気候変動と異常気象が起こり、今、地球環境への配慮が求められることが世界の目標となっています。そうした中で企業にも「脱酸素社会」を目指し「再エネ化」が求められています。今大手企業が「再エネ化」へ取り組む理由が、単なるCSR活動ではなく、「取り組まないことがリスク」になってきているのです。そして実はビジネスにもメリットが出てきます。

脱炭素社会に向けた日本の目標

世界的な脱炭素化に向けて、2015年にパリ協定が採択されました。そこで温室効果ガスの排出と吸収のバランスを保ちながら、最終的に温室効果ガスをゼロにすることを目指すという目標設定になります。
そこで日本が掲げた目標は「2030年度までに2013年度に比べて温室効果ガスを26%削減する」ことです。その目標の実現に向けて、省エネ化と化石燃料の削減が求められています。
ここには、発電時に二酸化炭素を排出しない再生可能エネルギーの拡大も含まれます。政府は、主力電源を太陽光発電や風力発電に転換する方針を掲げました。

自分でつくって自分で使う


自家発電

自ら再エネ電力を生み出し、それを事業活動に使う「自家発電・自家消費」。私たち和上ホールディングスが推進するものがこちらの方法です。野立ての発電設備だけでなく、工場や倉庫、会社の屋根に太陽光パネルを設置するケースも多く見られます。電力消費の大きい生産ラインに合わせて設置すれば、購入電力量を大きく削減することもできます。 設置場所や電力使用状況など条件さえ整えば、理想的な再生可能エネルギーを調達する方法だと言えます。 これまでは敷地内で発電した電力を敷地内で使うというのが自家消費の基本でしたが、新たに「自己託送」という自社が所有する発電施設から電力を融通する方法があります。 和上ホールディングスのサービスは下記の通りです。

綿密にお打ち合わせし、お客様に合わせたサービスをご提案いたします。