[和上ホールディングス]自家消費型太陽光専門店

0120-054-405

コラム

自家消費型太陽光発電の設置費用はいくら収支計画やお得な設置方法をご紹介


自家消費型太陽光発電の導入をお考えの方は、必ず自家消費型太陽光発電について詳しく知っておく必要があります。 そこで今回は、自家消費型太陽光発電を導入する時に役立つポイントや設置費用、収支計画などご紹介いたします。お得な設置方法も合わせてご紹介しておりますので、ぜひ最後までご覧ください。

自家消費型太陽光発電を導入する時に役立つポイント

ここでは自家消費型太陽光発電を導入する時に役立つポイントを4つご紹介いたします。
ポイント1.費用の目安を知り、支払い計画を考える
太陽光発電システム導入の「相場」についてよく理解できている方はいらっしゃることがあります。太陽光発電は屋根の向きや面積、屋根材の種類等によって設置するシステムや容量が異なる完全オーダーメイドのため、費用が大きく変わります。 メーカーによって価格の幅がありますが、目安として最初に1kWの価格を施工業者に問い合わせてみると、使用している電気量と比較しておおよその費用が見えてきます。 初期費用だけに意識を向けるだけではなく、毎月の発電と消費のバランスを確認することが重要です。太陽光発電システムは電気を消費する電化製品のような「消費財」ではなく、電気を生み出すことのできる「生産財」です。 そのため、月々の電気代やローン費用を踏まえて、無理せずに、かつメリットも確保できる支払い計画を立てられるよう、販売施工業者等の専門家にシミュレーションをお願いしましょう。
ポイント2.費用の仕組みを知る
ポイント1で解説したように、太陽光発電システムはメーカーや製品によって性能や特徴が異なり、価格も様々です。一律で「いくら」とはいえないので、その価格が妥当なのかある程度損失がでるのかは判断がしにくいものです。 そのため、費用だけで見ると安価に感じられる商品も、発電量で考えるとそれほどお得でもなかった、というケースもあります。 一例ですが、同じ条件で「2kW70万円」と「3kW105万円」の2種類の見積りがあった場合、初期費用で考えると前者の方がお得ですが、詳細なシミュレーションを行うと後者の方が発電量は多くなり、電気代が安くなる可能性があります。





出典:省エネドットコム(https://www.shouene.com/photovoltaic/cost/cardinal-rules-of-photovoltaic-system.html
太陽光発電システムの費用を考える時は、初期費用の大小だけではなく「その価格・プランでどの程度発電できるのか」という点にも注目しておきましょう。
ポイント3.専門家に実際に設置場所を見てもらう
工場や事業所によって、屋根の形状や材質、周辺環境は様々です。その特徴に最も合わせたメーカーや工事方法を選ぶことで、経済効果にも大きな差が出てきます。 厳密に経済効果をシミュレーションしたい場合には、自宅の屋根の図面や月々の光熱費等の調査が必要不可欠です。そのような調査をしないで作成される見積もりは、導入後実感できる費用対効果とズレが生じてくる可能性があります。 販売施工業者を選ぶ際には、必ず屋根を見てもらった上でシミュレーションを行い「どのメーカーが最適か」「どのような工法がいいのか」をしっかり確認しましょう。
ポイント4.自治体の補助金や電力会社の制度を確認する
2009年より「余剰電力買取制度」がスタートし、電力会社への売電ができるようになりました。さらに2012年より、一定の条件をクリアした場合に10年間安定した価格で売電収入が得られるように、初期費用の回収期間が20年前後から10年前後に短縮できるようになっています。 ただし、売電価格はFIT制度(固定価格買取制度)の価格変動に伴い、どんどんと下がっています。2021年以降はさらに売電価格が変更になる可能性はありますので注意が必要です。 また、都道府県や市町村の中には、太陽光発電システム導入に関する補助金制度を設けている自治体があります。予算と対象の上限を確認し、お住まいの自治体に問い合わせてみるといいでしょう。

最終確認!自家消費型太陽光発電のシミュレーション時直前チェックリスト

自家消費型太陽光発電のシミュレーション時直前のチェックリストをまとめましたので、ぜひご覧ください。
ソーラーパネルの選定や発電量の予測に「地域特性」が盛り込まれているか
太陽光発電は、その地域の日照条件で大きく効率が左右されます。気候の良い時期だけの数値を拾ってシミュレーションすると齟齬が生じますので注意しましょう。
現状の電力状況を踏まえているか
過剰な電力量を生み出すプランにしても自家消費では使い切れず経費がかさむだけになってしまいます。売上のために電力量を大きくしようとしていないか確認して下さい。
メンテナンス費用や廃棄のための費用が含まれているか
太陽光発電設備は数十年間使用するものですから、定期的なメンテナンスが必要ですし、修理や部品交換も発生します。「メンテナンスフリー」は太陽光発電設備そのものが長寿命なために生まれた誇大広告です。メンテナンス費用や廃棄のための費用は必ず見積もり内に入っていなければならない項目です。
近隣の企業や住宅への反射等を考慮しているか
太陽光発電パネルの反射光によるトラブルやクレームは想像以上に多いと考えておきましょう。
機器費用・工事費用が相場から極端に安い、高い等の違和感はないか
ユーザーのことを考えず、受注したいという気持ちだけで極端に安い価格を出したり、過剰な利益を求めてきたりする業者の可能性があります。
メリットとデメリットをしっかり説明してくれているか
どんなプランにも必ずメリット・デメリットは存在します。また、太陽光発電設備自体にも設備投資というリスクはあります。現実を無視して都合の良いことしか話さない場合は注意しましょう。

必ず確認したい「収支計画」についても深く知っておこう

自家消費型太陽光発電を導入する際に必ず確認しておきたいのが「収支計画」です。ここではその収支計画についてご紹介いたします。
自家消費型太陽光発電の設置及び運用にかかる支出
出力5kWの太陽光発電では、システム機器の総額は約145万円と考えられます。(経済産業省の調達価格委員会が記載した2020年の想定費用より) あらかじめ太陽光発電の購入費用を貯めていれば一括でも可能ですが、なかなか難しい場合もあるでしょう。 方法としては、「ソーラーローン」と呼ばれる融資を組んで支払う方法があげられます。太陽光発電システムを導入する方向けに用意された金利の低いローンサービスです。ローンを組んだとしても、太陽光発電の設置費用は太陽光発電から得られる経済メリットによる10年程度で返済できることが見込めます。 ただし、メンテナンス費用は含まれていませんので、メンテナンス費用を含めた正確な収支費用を立てるようにしましょう。

自家消費型太陽光発電は「補助金」が利用できる可能性がある

地方自治体によっては、独自の補助金制度があります。補助金を活用することで、初期費用の負担軽減が望めます。 各自治体で実施している補助金制度は毎年更新され、同じ補助金額・条件で継続することもあれば、一部変更したり廃止になったりすることもあります。 まずはお住まいの地域で、実施されている補助金制度があるか、各自治体のHPや電話で問い合わせてみましょう。

お得な自家消費型太陽光発電の導入方法について

「自家消費型太陽光発電を導入したいけど導入費用が…」という人におすすめしたいのがPPAモデルやリースモデルです。ここではお得な自家消費型太陽光発電を導入方法についてご紹介いたします。
太陽光発電の電気を使用できる「PPAモデル」
設置費用が高額で悩んでいる場合は、第三者所有モデル(PPAモデル)もお勧めです。PPAモデルは初期投資と費用負担なしで太陽光発電の設置及び運用ができます。 初期費用0円で設置できる理由は、太陽光発電システムの所有者が別だからです。工場や事業所の所有者は太陽光発電システムを購入する必要がありません。 以下に概要をまとめておきます。
  • ・PPA事業者:銀行等が管理者となり、太陽光発電システムを所有・管理する
  • ・利用者はPPA事業者が所有している太陽光発電システムを利用し運用する
  • ・売電収益はPPA事業者が得る
  • ・設置費用は売電収入を得ているPPA事業者が負担する
  • ・利用者は設置費用やメンテナンスの負担なし
  • ・利用者は太陽光発電で発電し、自家消費した電気代や契約手数料等を支払う
  • ・契約満了になると、利用者の所有物になるプランが大半を占める
100万や200万という高額な設置費用をかけずに太陽光発電の電気を使用できるというのが特徴です。契約期間満了後、太陽光発電設備は利用者に譲渡されます。譲渡後は発電した電気の売電収入も得られるようになります。
リース料金を毎月負担する「リースモデル」
リースモデルは、毎月リース料金を支払いながら太陽光発電を運用できるサービスのことです。決められた契約期間中は毎月リース料金を支払い、満期後に太陽光発電設備の所有権を得ることができます。 以下に流れをまとめておきます。
  • 1.リース契約を結ぶ
  • 2.太陽光発電システムをレンタルする
  • 3.毎月リース料金を支払いながら発電する
  • 4.売電収入は利用者のものとなる(リース料に充当できる)
  • 5.契約期間満了時に、システム一式を譲渡してもらえる
  • 6.契約満了後は自由に運用可能になる
こちらも設置費用を負担することなく、太陽光発電を運用できます。 PPAモデルと似ているものの、リース料金を毎月負担する点や、売電収入をリース料金に充当できる等、一部異なるのが特徴的です。

まとめ:設置業者と相談して、活用できる運用をしていくことが大切

太陽光発電システムは、発電量や設備費用、メンテナンス費用、経済的メリット等様々な収支や損益が絡み合っています。まずは、その部分を明快にしなければ、何をどう運用していっていいのか不明なままとなってしまいます。自家消費型太陽光発電の設置を検討する際には、設置業者と相談して活用できる運用、そして続けられる運用手段を見つけていくことが大切といえるでしょう。

関連記事:自家消費型太陽光発電を導入する際の費用は?内訳まで解説
関連記事:自家消費型太陽光発電システムで注意したい「逆潮流」とは?