[和上ホールディングス]自家消費型太陽光専門店

0120-054-405

コラム

太陽光発電のPPAモデルとは?導入メリットや注意点について!


太陽光のエネルギーを資源に変換することができる太陽光発電ですが、初期投資がかかることから、導入を悩んでしまうという企業や個人も多いでしょう。 そんな中、お得に太陽光発電を導入することができるPPAモデルというものがあります。今回は、太陽光発電のPPAモデルを導入するメリットや注意点について、詳しい内容を紹介していくので、参考にしてみてください。


太陽光発電のPPAモデルとは?

太陽光発電のPPAモデルとは、どのようなことを指しているのでしょうか。PPAモデルの特徴について紹介していくので、参考にしてみてください。

太陽光発電のPPAモデルの特徴

太陽光発電のPPAモデルとは、売電業者と需要者が直接的に売買契約を結ぶことを指しています。その結果、需要者は特定の太陽光発電設備から「再生可能エネルギーの指名買い」を行うことが可能です。 需要者は、「100%太陽光発電のエネルギーを使用している」と公表することができるため、外部からの信頼性を高めることができます。 詳しく太陽光発電のPPAモデルを紹介すると、企業側はPPA事業者から、0円で自社の敷地内に太陽光発電を設置してもらうことが可能です。企業は0円で設置した太陽光発電から生み出された電力をPPA事業者から買い取ることができます。 そのため、企業は太陽光発電を設置する場所だけ提供するというのが、PPAモデルの特徴です。太陽光発電の設備自体は、PPA事業者の所有物ということになるので、発電した電力は無料で使用することができずに、事業者から買い取る形になります。

扱っている企業によって概要が異なる

太陽光発電のPPAモデルの概要は、自社の社屋や工場、店舗などの屋根に太陽光発電を無料で設置して、太陽光発電で発電した電気を自社で消費するというものです。 そして、太陽光発電で補うことができなかった分は、新電力や銀行などから通常よりも安く買うことができるというものになります。 ただ太陽光発電のPPAモデルを扱っている企業によっては、太陽光発電で発電した電力を無料で使用することができないケースもあれば、自社で消費する分は無料で使用できるなど、契約内容によって異なるので、事前に確認しておく必要があります。


太陽光発電のPPAモデルを導入するメリット

太陽光発電のPPAモデルは、実際には導入するメリットとは、どのようなことが考えられるのでしょうか。太陽光発電のPPAモデルを導入するメリットについて紹介していくので、参考にしてみてください。

初期投資や管理コストがかからない

太陽光発電のPPAモデルは、設備の購入費用や設備費用を自社で用意する必要がないことから、初期投資や管理コストがかからないのがメリットの一つです。 太陽光発電を導入する上で、まずネックになるのが初期投資の高さになります。しかし太陽光発電のPPAモデルを活用すれば、金銭的支出を必要とせず、ゼロリスクで太陽光発電した電気を電力会社から比較的安く購入することが可能です。

電気料金の細かい計上が必要ない

太陽光発電のPPAモデルは、メンテナンスなども設備所有者の責任で行われるので、自社では設備導入だけで管理コストも発生しません。 経理上の管理を行うことなく、資産計上や減価償却といったことを考える必要もないのがメリットとして考えられます。 電気代の支払先が、電力会社から設備所有者に変わるという形になるだけなので、太陽光発電に関する細かい計上を意識することなく、お得に電気を使用することが可能です。

RE100加盟やSDGs達成への貢献に期待

太陽光発電のPPAモデルは、自分が所有している設備という扱いではありません。しかし自社で設備を所有していなくても、消費電力は太陽光発電によるものであるため、温室効果ガスの排出量が少ない再生可能エネルギーを利用していることにはなります。 そのため、RE100に加盟するための条件の一部を満たすことができたり、SDGs(持続可能な開発目標)の目標達成に貢献しているアピール材料にすることが可能です。 またRE100とは、使用電力を全て再生可能エネルギーで発電した電力で賄おうとしている企業の集まりのことになります。

再エネ賦課金など電力の購入量を減らす

電力会社に支払っている電気料金の中には、「再エネ賦課金」といった費用が含まれています。「再エネ賦課金」とは、売電型の太陽光発電設備から、固定額で電力会社が買取している負担を企業や一般家庭に分散している金額のことです。 「再エネ賦課金」は、標準的家庭で年744円程度の負担となっていましたが、2017年には9,504円と10倍以上になっています。今後も、「再エネ賦課金」は上昇する見込みがあるため、自家消費型の太陽光発電で電力を補うことができれば「再エネ賦課金」を支払う必要がなくなるので、電気代がお得になることが想定されるでしょう。

契約期間満了後には設備譲渡

太陽光発電のPPAモデルは、契約期間満了後に、取り付けた設備を需要者に譲渡する契約が基本とされています。しかし太陽光発電の設備については、出力保証を20年に定めている会社も多いので、メーカー保証がついた商品をそのまま譲渡してもらうことが可能です。 ただ太陽光発電の設備に関する保証範囲は、提供している会社によって様々なので、契約する際にはよく確認しておく必要があります。


太陽光発電のPPAモデルを導入する注意点

太陽光発電のPPAモデルは、初期投資が0円で、電気代がお得になることからメリットも大きいでしょう。ただいくつか、導入する上で注意する点がいくつかあります。 太陽光発電のPPAモデルを導入する注意点とは、どのようなことが考えられるのか、詳しい内容を紹介していきましょう。

基本的に長期契約

太陽光発電のPPAモデルは、契約内容として設備所有者と電力を継続的に購入するという契約を結ぶことになります。この時、契約は10年以上にも及ぶ長期契約となることが基本的に多いでしょう。 そのため、長期的に不利な契約にならないために、電力購入の費用や譲渡条件などをしっかり確認してから、契約を交わすことが大切です。

交換や処分を自由に行えない

自家消費型の太陽光発電設備が、自社の敷地にあったとしても、所有者は別の方になることから、太陽光発電に関する設備の交換や処分は自由に行うことができません。 ただ契約期間中のメンテナンスなどについては、所有者に求められるので、費用などについては意識する必要がないでしょう。

譲渡後のメンテナンスは自己負担

太陽光発電のPPAモデルの契約期間満了後は、全ての設備が自社に譲渡されるので、利益貢献度が大きくなるのが特徴です。 ただ譲渡以降はメンテナンスや修理が発生した時の費用は、自社で負担することになります。そのため、譲渡後のメンテナンス費用がかかり、ランニングコストを意識することになるでしょう。 しかし太陽光発電設備は、10年で修理費用が高くなるという訳ではないので、安心して継続的に太陽光発電を利用することができます。 正しく稼働している状態で譲渡してもらうためにも、契約時に所有者がどのようなメンテナンスで頻度はどうなっているのか、事前に確認しておく必要があるでしょう。


太陽光発電のPPAモデルは設備提供側もメリットがある

太陽光発電のPPAモデルは、設備提供側にもメリットがある制度になっています。設備提供側には、どのようなメリットが生じるのか、詳しい内容を紹介していきましょう。

土地確保の必要性がない

太陽光発電のPPAモデルの場合は、企業の屋根や土地に太陽光発電を設置することから、土地を確保する手間が必要ありません。 太陽光発電を導入するためには、土地を購入する費用がかかってしまうことがあり、新規に太陽光発電事業用として、土地を見つけるのも大変な労力となることがあります。 しかし太陽光発電のPPAモデルであれば、土地を確保することなく、簡単に太陽光発電の導入が可能となるのがメリットの一つです。

顧客基盤を確保できる

太陽光発電のPPAモデルは、基本的に長期契約となります。主に10年程度は契約することになるでしょう。 そのため、10年程度は契約した企業が太陽光発電の電力を買い取ってくれるので、PPA事業者として、安定した収益を確保することができます。

余剰電力の売電

契約内容にもよりますが、基本的に太陽光発電のPPAモデルの契約では、電力供給の他にも、余った電力は大手電力会社に売電することができます。 企業への売電だけでなく、余った電気を電力会社に売電することができるので、収益源を確保することが可能です。


太陽光発電の導入なら和上ホールディングスに相談

資源エネルギーを電力に変換する太陽光発電システムですが、導入を検討しているのであれば、アフターサービスが充実している会社に依頼した方が良いでしょう。 そんな時におすすめなのが「和上ホールディングス」です。「和上ホールディングス」であれば、万全のアフターサービス体制が整っているので、安心して太陽光発電を導入することができます。 具体的に、「和上ホールディングス」ではどのようなアフターサービスが提供されているのか、詳しい内容を紹介していきましょう。

24時間受付365日駆け付けサポート

「和上ホールディングス」では、同業社内では初の24時間受付365日駆け付けサポートが採用されています。いつでも気軽に、太陽光発電設備のトラブルなどについて相談することができるでしょう。 万が一の不具合は、昼間の平日に発生するとは限りません、そんな時に、対応してもらうことができない会社では、お客様も不安に思ってしまう方もいるでしょう。 「和上ホールディングス」であれば、深夜・早朝・祝日などの急なトラブルにも、電気工事の有資格者が素早く駆け付けて、問題解決に尽力してくれます。 全国1,600カ所の施工拠点から、電気工事の有資格者がトラブルに対応してくれるので、安心して太陽光発電を導入することが可能です。

1年に1度の点検メンテナンス

和上ホールディングスでは、1年に1度の定期点検を推奨しています。多くの実績があるので、安心してメンテナンスを任せることができます。 点検内容については、パネルを設置した全ての箇所を確認して、場合によっては土木工事の確認を実施してもらうことが可能です。 また清掃も行っており、太陽光パネルの洗浄を行ってもらうことができます。ただ必ず実施する訳ではなく、汚れの度合いによって判断されるので、綺麗な状況であれば、洗浄を行わないこともあるでしょう。 定期点検を実施した後は、発電量相談のアドバイスや難しい作業などの相談を行っており、メンテナンスのプロならではのサービスが提供されています。困ったことや気になることがあれば、気軽に相談してみると良いでしょう。

工事保証が20年

「和上ホールディングス」では、工事が完了して引き渡しが終わってから、20年間の業界最長保証が用意されています。 万が一、太陽光システムや施工箇所に不具合が発生した場合には、保証書記載の保証条件に従って、20年間無料で修理や交換を行ってもらうことが可能です。 長期的に、太陽光発電のシステムを利用する上で、長期保証をつけてもらうことは、信頼して太陽光発電を導入するきっかけになるので、安心して依頼することができるでしょう。 また長期的な保証になるので、保証書などは大切に保管しておくことが大切です。


まとめ

太陽光発電のPPAモデルは、初期投資0円で導入することができるので、お得に太陽光発電を利用するきっかけになります。他にも、電気料金を安く抑えることもできるため、事業運営の助けとなってくれるでしょう。 他にも、税金や細かい計上などの心配もなく、ただ電力を使用するという一点で、太陽光発電を導入することができます。 契約中のメンテナンスについても、所有者に対応してもらうことができるので、ランニングコストがかからないのも利点です。 ただ10年以上の長期契約となることから、契約内容は事前にしっかり確認しておき、譲渡後のメンテナンス費用は自社負担となることについては、事前に理解しておく必要があるでしょう。 太陽光発電を導入する上で、最もネックになるのが初期投資です。それを0円で利用することができるPPAモデルは、お得に始められる太陽光発電の形と言えるでしょう。 ただ契約する上では、長く使用することを前提としているので、後悔のない契約内容を結ぶことが重要です。 参考URL:https://unieco.co.jp/taiyoukou-times/column/1556/

自家消費型太陽光発電のPPAモデルとは?初期投資0円でできる企業の経費削減術
https://xn--o9j2jbpdd3oe0ff3622gs0tai90g7wvectb.com/ppa/#%E3%80%8CPPA%E3%83%A2%E3%83%
87%E3%83%AB%E3%80%8D%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%80%90%E8%A8%AD%E5%82%
99%E6%8F%90%E4%BE%9B%E5%81%B4%E3%80%91